「興味を持つと追求してしまう程、好奇心旺盛である事」

学生時代、海外旅行へいったのをきっかけに建築について興味を持ち建築研究会に所属しました。今まで建築とは一切、無縁の生活でしたが、クラブ活動では建築関係の講演会・展覧会などへ参加したり、様々な建築家を調べて勉強を行いました。最終的に2級・木造建築士も取得しました。

この特技のポイント

建築に興味をもってからの行動力がこの文章からもよく伝わります。建築系の仕事であれば尚良いでしょう。ただ、この特技は興味があるものの熱がすぐにさめてしまうのではないか?と思われがちですので、自身がどのようにしているかを面接で聞かれた際に答えられるようにしておきましょう。

面接で聞かれた時の回答例

 

建築研究会のメンバーのほとんどが建築学部の学生でした。私は経済学部でしたので、そもそもの建築の知識が浅く、興味だけで入部してしまいましたので、自分で2級木造建築士の資格をとるという目標を持つようにしました。構造や施工などで木造独特の言葉や内容を覚えるのに苦労しましたが、自分が立てた目標を卒業時にクリアすることにより、達成感を味わうことができました。