「アイデア力がある」

前職の企画では、ブレインストーミングで人の2.5倍のアイデアを出すことを自分に課していました。

この特技のポイント

アイデア力が自分にあることを証明することは、最も伝わりやすいのは過去の仕事や部活などでの実績と言えます。また例のようにアイデアの数も重要ですが、そのアイデアが採用されて会社に貢献できたかどうかも重要です。数か質のどちらかをPRすべきでしょう。

面接で聞かれた時の回答例

 

ある商品企画では、自分のアイデアが採用されて無事世に出すことが出来、ロングヒットとなっています。もちろんですがアイデアを形にすることは形にする部署との連携が不可欠ですので、アイデアだけでなく裏付けも取るように心がけています。