「自分のやり方にこだわらない」

私は自分のやり方にこだわりがありません。学生時代、陸上部の部長として部の運営をしておりました。練習方法やミーティングのスタイル、連絡方法等ある程度の軸となる大切な部分を決めた上で、同級生だけでなく後輩からも積極的に意見を聞き、全員が意見できる雰囲気を創り上げました。

この特技のポイント

自分のやり方にこだわらないという所は柔軟性がある人なんだと感じます。また、人に流されない軸という部分がありながら、後輩からも意見を積極的に言えるように場を創り上げたというのも非常によいアピールとなるでしょう。

面接で聞かれた時の回答例

 

部長になった当初は、部を統率しなければと気負ってしまい、全て自分で決めて部の運営をしていました。しかし、それでは独りよがりになってしまい、部員がついてきてくれなかったため、顧問や同級生と相談をして、何年生であっても良い意見を部に反映しようと決めました。その後は積極的に部員と交流し、発言できる場を与える工夫を行いました。