「問題の原因を分析出来る事」

カラオケ屋でアルバイトをしていた際、新規会員登録数で全国10位以内を目指すため、現状の課題をアルバイト仲間で話し合い、会員登録を拒む人を世代別に書き出し、それぞれの理由を検証し、対策を考え実行しました。

この特技のポイント

ビジネス場面では、問題の原因を分析し、行動していくことが求められます。アルバイトではありますが、メンバーと一緒に考えたことから協調性も感じ、経験としてもよいと言えるでしょう。

面接で聞かれた時の回答例

 

私がアルバイトをしていたカラオケ屋は全国110店鋪ありました。当初は新規会員登録数は全国30位でしたが、やるからには上を目指したいと考え、10位以内を目指しました。私のアイデアでアルバイト全員が見ることができるノートを作り、ノートに会員登録を拒む人の傾向をまとめ、お客様のタイプを見極めた上で、ご案内の仕方を何パターンか作り、実行しました。半年間かけて行動した結果、10位になることができました。