「本格的なだし汁作り」

学生時代に和食居酒屋でキッチンのアルバイト4年間行っており、店長の指示のもと、率先して新メニューを考えました。その中でメインとしてだしづくりを担当していたこともあり、本格的なだしづくりには自信があります。

この特技のポイント

店長の指示に従うだけでなく、率先して自分からメニューづくりに参加していることから主体性のアピールも出来ます。また、だし汁づくりの中で自分で工夫していたことも伝えれます。

面接で聞かれた時の回答例

 

学生時代に和食居酒屋でキッチンのアルバイト4年間行っておりました。本社から新メニューを考えるコンテストがあり、店長の指示のもと、率先して新メニューを考えました。私は、だしづくりをメインで担当し、とても苦労しましたが、特性かつおダレで食べる黒豚冷しゃぶしゃぶを完成させました。結果、だしが良く効いていて美味しいと評価をいただき、社内で特別賞を頂きました。