「クリーニング屋さんのような仕上がりのYシャツのアイロンがけ」

学生時代にクリーニング屋でのアルバイトを3年間行っており、アイロン掛けを任されておりました。手順が細かくあり、覚えるのを苦労しましたが、今では自宅でもクリーニング屋さん仕上げのようなYシャツのアイロン掛けができます。

この特技のポイント

「シャツのアイロン掛け」という特技でも「任されていた」という文章から責任感があったということや、アイロン掛けの手順が複雑だったが努力して覚えたという所が、業務でできるイメージを持ってもらえます。

面接で聞かれた時の回答例

 

学生時代にクリーニング屋でのアルバイトを3年間行っており、アイロン掛けを任されておりました。私が担当していたのは綿のYシャツのみでしたが、先輩のアイロンの動かし方をみて、左手の使い方やアイロンを直線ではなくジグザグに動かすなどコツを学んでいき身につけたので、今でも父のYシャツをアイロンするのは私の担当です。