「制作(ガラス細工)」

3年前にガラス工房でガラスコップの手作り体験をしてから、ガラスの美しさに感激して、それ以来教室に通うようになりました。今では自分の好きな形のものを作るようになりました。

この特技のポイント

自分で自分の好きなものを作り出せるという能力は企画やデザインを仕事にする人にとって必要な素質であり、面接官へのアピールも期待できます。
自分が作った自信作を携帯の写真に残しておいて、機会があれば面接官に見せる形にすると、ぐっと距離が縮まります。

面接で聞かれた時の回答例

 

混ぜる金属の調合で、出来上がったものの印象が大きく変わりますので、そのあたりが非常に面白いです。意外と体力も使うので健康にも役立っていると思います。