「相手を配慮してサポート出来る事」

私は相手を配慮してサポートができます。前職の介護職員として仕事をしていた際、入居者様に対してその人の気持ちになって対応するということを徹底して行っておりましたので、どんな人であっても相手を尊重して受け止めることができます。

この特技のポイント

お客様相手の仕事であれば充分アピールになります。どんな人であったも相手を尊重してというところから、様々な苦労も伺えます。

面接で聞かれた時の回答例

 

介護職員として仕事をしている際は、入居者様がどのようなお気持ちかということを常に念頭においていました。単純に介護サポートを行うというのではなく、人を大切にサポートを行うと入居者様の心のケアにも繋がり、より信頼して頂けるようになりました。