「スワヒリ語」

私は大学で外国語学部でスワヒリ語を選考していましたので、スワヒリ語を話すことができます。また、スワヒリ語やスワヒリ文化について学ぶだけでなく、アフリカのさまざまな地域の言語や文化についても学びました。

この特技のポイント

ビジネス場面でスワヒリ語が必要になることは少ないですが、面白いと思ってもらえ興味をもってもらうこともあると思います。また、語学を学ぶ際に背景にある文化についても学んだという点もよいアピールです。

面接で聞かれた時の回答例

 

主にスワヒリ語実習が中心となりますが、「アフリカの人間と文化概論」、「アフリカ言語学概説」、「アフリカ社会論概説」、「アフリカ地域論概説」といった講義があり、アフリカの現状について学ぶことができました。海外のことを学ぶと日本との違いを大きく感じ、自分が何をすべきかを考えさせられた期間でした。