「障害物競走が得意」

徒競走ではいつも3番、4番あたりでしたが、障害物競走では小学5年生から高校3年生までぶっちぎりで1番で先生や友人がびっくりするほどでした。

この特技のポイント

特技としてビジネスで使えるかどうかは分かりませんが、面白いなと感じ、興味をもってくれる可能性は高いです。なぜ、障害物競争が一位になれるのか理由を聞かれると思いますので用意しておきましょう。

面接で聞かれた時の回答例

 

障害物競走は網くぐりやトンネル、平均台など様々な障害物がありますが、私が1番ぶっちぎりできるのが最後に待ち構えているアメ食いの所です。臆することなく顔を突っ込み一発でアメを探し当てれるので勝てるのだと思います。