「折り紙」

幼少の頃から楽しんでいる趣味です。今では100種類ぐらいのものを折ることができます。

この特技のポイント

折り紙を趣味として履歴書に書けるのは、かなり色々な種類の折り紙を作ることが出来る場合に限った方がよいでしょう。自分なりの折り方があれば、事前に作っておいて、面接の際に披露すると行ったことも可能です。また、保育士など子供関連の業種・職種であれば歓迎される趣味と言えましょう。

面接で聞かれた時の回答例

 

最近は姪の子に折り紙を教えています。まだ簡単なものだけですが、出来た時の達成感を感じてもらっている時が幸せです。