「何事もポジティブに捉えられる事」

大学でビジネスコンテストに参加した際に、プレゼン発表後に、チームの皆がだめだった・・・と口を揃えてうなだれていたのを見て、自分は非常にうまく行ったと思っていたので、「大丈夫!大丈夫」と声かけを行っていました。結果としてコンテストでは入賞することができました。

この特技のポイント

人材の評価として、物事をポジティブに捉えられるか、ネガティブに捉えられるかは、面接官の基本的な評価基準と言えましょう。仕事は負荷・ストレスの連続である中で、何事も善意に捉えられるという点は、チームの推進力として重宝され、リーダー候補として捉えられる可能性大です。

面接で聞かれた時の回答例

 

昔から、ポジティブにとらえた方が人生うまくいくという信念を持っています。仕事においても周りの先輩方に教えて頂きながら、明るく楽しく進めたいと考えております。