「どんな汚れも合理的に取れる」

自宅の掃除をする中で、汚れの取り方に興味がわき、ひと通りの汚れの落とし方を独学で会得しました。汚れの種類ごとに様々な薬品を使っています。

この特技のポイント

汚れという原因を追求し、汚れを取るという問題解決が出来る問題解決能力はどんな仕事でも大事な能力です。きれい好きなイメージは重要ですが、(清掃会社への就職面接であれば別ですが)あまり潔癖症なイメージを与えると、神経質な人=扱いづらいという印象になりますので気を付けましょう。

面接で聞かれた時の回答例

 

家庭用洗剤や重曹、クエン酸など身の回りにあるもので案外汚れは落ちるという点に気づいてからは、色々な取り方を試してきました。汚れのパターンを書き記すおそうじノートをつけるようにしています。