「囲碁(5段)」

祖父が囲碁が強く、小さいときに田舎に帰る度に教えてもらううちに囲碁が楽しくなり、週に1度囲碁サロンに通い、常に自分より強い相手に対戦を挑み続けた結果、5段取得することができました。おかげで20歳以上年の離れた友人が沢山います。

この特技のポイント

囲碁はボードゲームの中で最も難しいと言われておりますので、囲碁で5段をとっているということは充分特技と言えます。また20歳以上年の離れた友人がいるということも年齢関係なくコミュニケーションがとれる人という印象です。

面接で聞かれた時の回答例

 

強い相手ばかり対戦を挑んで行くと、負けるばっかりで本当に悔しい想いばかりでしたが、一度自分より格上の人と対戦し、自分が勝つことができたことをきっかけに勝負につよくなりました。また、負けた時より買った時の自分の戦法を冷静に分析するようにもなりました。