「空手(高校時代空手部所属:二段)」

高校時代、空手部に所属しており、二段を取得しております。小学校の高学年から空手を始め、日本人としての礼儀やマナーから、基礎体力の向上や精神面の向上ができました。

この特技のポイント

体育会系で且つ剣道という武道系のイメージから精神力や落ち着き、集中力があるのではないかと感じさせます。また、二段を取得するために、努力して結果を出した経験もあるのでよい印象です。

面接で聞かれた時の回答例

 

空手を通して結果だけが重要ではなく、結果を追い求めるために努力をすることの方が重要で大きな成長になると感じました。空手で培った努力を怠らないこと、人に対しての礼儀等は社会に出ても、いかせるものではないかと思います。成長は、常に高い目標を持ってそれに向かって真剣に努力する事で得られると思っております。この経験を活かしながら仕事を通して成長することで貢献していきたいと思います。