「ミスなくレジ打ちが出来る事(アルバイト時3年間ノーミスです)」

私は正確に着実に業務をしていた経験があります。アルバイトでスーパーのレジ打ちをしていた際、自分で確認する習慣を持つように工夫をして、3年間ノーミスという記録を持っています。

この特技のポイント

正確性や着実性を求められるような事務的なお仕事であればアピールになります。また、自分で考えて習慣化したという点も工夫ができる人であることを表しています。

面接で聞かれた時の回答例

 

アルバイトを始めた当初はお待ち頂いているお客様が多くなると「早く処理をしなければいけない」と焦り、ミスばかりしてししまいましたが、ミスがない先輩をお手本にして落ち着いて、自分で確認する動作をいれることにしました。結果、正確性だけではなくスピードも身に付き、余裕ができ、常連のお客様とお話ししながらでも業務が出来るようになりました。