「トラブル対応力」

文化祭などの学校行事を行う際は、実行員会の中で委員長となり、ミスがないよう、計画をしっかり立てて取り組みました。しかし、計画を立てただけでは、現実と大きくズレが生じ、沢山の失敗を経験したため、トラブル対応力が身に付きました。

この特技のポイント

計画を立て、そして、ミスを多くしたことを敢えて伝えることで、沢山の経験から学んだ人であるという印象を受けます。今後、仕事を行う上ではミスが少ないことや成果につながりやすいことがイメージしやすくなります。

面接で聞かれた時の回答例

 

何かを行う際には、まずは目標と目的を考えるようになりました。立てたものがずれない様、何をすればよいか、行動を全て書き出し、優先順位をつけた上で、スケジュールを立てています。計画で工夫しているところは、予定通りに進まないこともあるため、各週に調整日を設定することです。調整日を設定することで、計画通りに進めることができ、直前の不安なども少なくなりました。