「8桁の暗算が出来る事」

幼少期から7年間そろばん教室に通っておりました。当初はなかなか正確に答えを出すことができなかったのですが、少しずつ、家に帰っても問題を自発的に解くなど、自分でできる努力を行い、8桁の暗算ができるようになりました。

この特技のポイント

8桁は参考例としてかなり大きな数字なので、出来る人は限られます。自信があれば、その場で面接官の方に数字を言ってもらい、実演してみると、大きなインパクトを残せるでしょう。例えばアルバイトの面接などでは、3桁の引き算の暗算が出来れば良い印象を与えられます。一番重要なことはこの特技が出来る事ですので、見栄を張らず正直な範囲にとどめましょう。

面接で聞かれた時の回答例

 

数字を見ると計算するクセがついていて、よく車の運転中に前の車のナンバープレートを掛け算して楽しんでいます。こちらのお店ではレジも担当することになると思いますが、少しは活かされるのではないかと思っております。