「和食から洋食まで幅広いジャンルの料理が出来る事」

冷蔵庫の余った材料で和食から洋食まで幅広いジャンルの料理ができます。料理教室に通っており、それぞれの分類の基本を叩き込みましたので、どんな材料だったとしても美味しいと言ってもらえる料理を作ることができます。

この特技のポイント

この特技から、状況に応じて臨機応変な対応ができるということのアピールになります。食材から料理を生み出す想像力も魅力となりますし、基本をしっかり抑えた上で応用しているというのもイメージが良いでしょう。

面接で聞かれた時の回答例

 

料理を作るのに1番重要なのはだしです。だしが料理の基本となりますので、食材を活かすためのだし作りが得意です。また、食材の栄養素が一番活かさせる調理方法も勉強していますので、栄養のある、且つ美味しいものが作れるようになりました。